どこで生命保険の見直しをするか

今入っている保険の外交員に相談をする

生命保険への入り方として最も多いのが外交員からの加入とされています。会社に出入りしている人であったり、各家庭に訪問している人、その他いろいろな形で外交員を利用しているかもしれません。外交員の特徴は、特定の会社に所属をしていて、定期的に提案書などを出してくれます。その都度応じる必要はありませんが、年齢や家庭環境などから、平均的に利用されている商品などを提案してくれるようです。今入っている保険で見直しが必要になるとき、どこで行うかがあります。やはり、今入っている会社の外交員さんに相談するケースが多いようです。子供が生まれたから、保険料をもう少し下げたい、保障額をもう少し増やしたいなどの相談をすると、それに合わせた提案書を作成してくれます。提案書に納得すれば、そちらで入り直します。

街中にある相談所を利用して相談をする

街中を歩いていると、保険の何々と呼ばれる店舗を多く見かけるようになりました。中を見るとカウンターと椅子があり、それぞれに仕切りがあります。カウンターの内側にお店の従業員がいて、外側に客が座るようになっています。保険に関するパンフレットが中や外に置かれていますが、同じ会社のものもあれば別の会社のものもあります。これは、独立系の保険の相談所になります。生命保険だけでなく、損害保険などの相談もできるようになっているので、見直しをしたいときに利用する人が増えています。メリットは、どの保険会社にも属さなないことでしょう。ある保険会社に属すると、その保険会社の商品しか提案してもらえません。もっといい商品があっても提案してもらえません。公平な視点で、自分に合った保険を提案してもらえます。

ネットを利用して自分で入る保険を決める

銀行のサービスを利用するとき、銀行の窓口に行く人がどれくらいいるかです。証券会社となると、支店自体が少なくなります。ネット銀行やネット証券なら、誰でもいつでもネットを通して利用できます。都市銀行や大手証券会社でも、ネットから利用できるようになっています。生命保険の見直しをするとき、一般の保険会社を利用するのではなく、ネット保険会社を利用して自分で決めることができます。ネット上から簡単に見積もりができ、年齢や保障額を選択すると毎月の支払額などが表示されます。その内容に納得できれば、そのまま契約に進むことができます。面倒なのは、元の保険の解約などを自分で行わないといけない所でしょう。ただ、自分ですべてを行うので、保険の内容をより良く知ることができます。いつでも自分で行えるのも利点です。

ピックアップ記事一覧