生命保険を見直して保険料負担を減らす

必要な保障は何かを考え直してみる

生命保険の主契約は、万が一自分が死んだ時に困るのを防ぐための契約です。数百万円から数千万円ぐらいに設定されていて、自分の給料であったり、家族の生活費などから換算をして計算します。それ以外に特約に加入する人もいます。医療保障として、入院時にいくら受ける、手術の時にいくら受けるなどの保険になり、もちろんそれらにも保険料がかかっています。医療保障はそれなりに必要性があるようですが、それ以外の特約に無駄がないかです。当初加入するとき、外交員の提案を受けた時は外交員の提案のまま加入する人が多いです。すると、あまり必要のない特約に入ったままの人もいます。不要な特約にお金を支払うのは無駄と言えるでしょう。見直しでは特約部分をチェックしてみて、本当にそれが必要なのかどうか考えてみましょう。

保障額が過少でないか過剰でないか

生命保険は、主契約として死亡保障が設定されています。自分が死んだときに受けられる保障になっていて、加入時に決めるとそれに基づいて保険料なども決まります。終身保険なら、加入時に保険料も保障額も決まります。保障額は加入時に決めるものの、実は必要な保障額はどんどん変化します。上がっていくときもあれば下がっていくときもあります。子供が生まれた時に最も必要と言われるので、多くはどんどん下がっていく状態になります。見直しにおいては、保障額が過少でないか、過剰でないかを確認が必要でしょう。新たに子供が生まれれば過少なのでより保障を厚くします。この時は保険料は上がります。子供が成長すればそれに伴って保障が過剰になります。どんどん保障を減らしていけば、毎月支払う保険料も減らせます。

保険会社を変えれば減らすことができるか

生命保険会社にもネット生保と呼ばれる会社があります。ネット系の金融機関は窓口や営業社員などを持たず、広告などもあまり行わないとされています。その分保険料を安くしているようです。それならと見直しの時にネット生保に変えようとする人がいるかもしれません。確かにネット生保が一般の生保会社よりも保険料が安い部分はあります。しかしすべての部分ではありません。ネット生保が強いのは、若い人に対する定期保険で、高齢者や終身保険は必ずしも安くないところもあります。また、保険会社を変えるとその都度健康診査が必要になります。高齢になるほど診査の結果が厳しくなるため、新たに入りにくくなったり保険料がアップする可能性があります。若い人なら下げられる可能性がありますが、誰もが下げられるわけではありません。

ピックアップ記事一覧